神と読者と800号! 

百万人の福音」の前身である「生命の糧」が創刊されたのは、一九五一年(昭和二十六)年。日本が戦争で壊滅的なダメージを受けた第二次大戦の敗戦から六年後のことだった。

...

いま、個人も社会も、見えないぜい肉をつけて身動きが悪くなっている中で、キリスト者も影響を受けないはずはない。今改めて、キリストに倣う生き方とは何なのか? 創刊号のスピリットは、そんな無言のメッセージを発しているように思えてならない。「私は裸で母の胎から出て来た。また、裸で私はかしこに帰ろう」(ヨブ記1・21)

神と読者と800号! 

百万人の福音」の前身である「生命の糧」が創刊されたのは、一九五一年(昭和二十六)年。日本が戦争で壊滅的なダメージを受けた第二次大戦の敗戦から六年後のことだった。

...

いま、個人も社会も、見えないぜい肉をつけて身動きが悪くなっている中で、キリスト者も影響を受けないはずはない。今改めて、キリストに倣う生き方とは何なのか? 創刊号のスピリットは、そんな無言のメッセージを発しているように思えてならない。「私は裸で母の胎から出て来た。また、裸で私はかしこに帰ろう」(ヨブ記1・21)

神と読者と800号! 

百万人の福音」の前身である「生命の糧」が創刊されたのは、一九五一年(昭和二十六)年。日本が戦争で壊滅的なダメージを受けた第二次大戦の敗戦から六年後のことだった。

...

いま、個人も社会も、見えないぜい肉をつけて身動きが悪くなっている中で、キリスト者も影響を受けないはずはない。今改めて、キリストに倣う生き方とは何なのか? 創刊号のスピリットは、そんな無言のメッセージを発しているように思えてならない。「私は裸で母の胎から出て来た。また、裸で私はかしこに帰ろう」(ヨブ記1・21)

 

 キリストのいのち感じる絵を描きたい

 

北海道・旭川在住の画家、木滑美恵さんは、自宅アトリエで「現代の聖画」を描いている。力強い描写の現代的な具象画だ。主婦としての役割や絵画教室での指導を続けながら、毎年、秋に開かれる全国規模の美術展に作品を応募し続けている。レベルの高さで定評のある「新制作展」では、十五回以上入選しないと与えられない資格「協友」にもなっている。

 

 

 キリストのいのち感じる絵を描きたい

 

北海道・旭川在住の画家、木滑美恵さんは、自宅アトリエで「現代の聖画」を描いている。力強い描写の現代的な具象画だ。主婦としての役割や絵画教室での指導を続けながら、毎年、秋に開かれる全国規模の美術展に作品を応募し続けている。レベルの高さで定評のある「新制作展」では、十五回以上入選しないと与えられない資格「協友」にもなっている。

 

 

 キリストのいのち感じる絵を描きたい

 

北海道・旭川在住の画家、木滑美恵さんは、自宅アトリエで「現代の聖画」を描いている。力強い描写の現代的な具象画だ。主婦としての役割や絵画教室での指導を続けながら、毎年、秋に開かれる全国規模の美術展に作品を応募し続けている。レベルの高さで定評のある「新制作展」では、十五回以上入選しないと与えられない資格「協友」にもなっている。

 

2017年2月号 目次

2017年2月号 目次

2017年2月号 目次