【 クリスチャン新聞掲載号 : 2012-04-29 】
気仙沼市の被災印刷所で「復興トラクト」印刷開始

 東日本大震災で津波のため水没した宮城県気仙沼市の(有)愛隣オフセット印刷社に、待望の4色オフセット印刷機(菊判四裁=A3ワイド相当)が導入され3月下旬から稼働...

【 クリスチャン新聞掲載号 : 2012-03-11 】
支援ボランティアに出会い「見捨てない神様」を信じた--パワーの源を知りたくて聖書を読み始め

 支援活動をするクリスチャンとの出会いから信仰に導かれる人たちも各地で報告されている。宮城県気仙沼市鹿し し折おり地区に住んでいた尾形伸一、智恵子夫妻は震災後、...

【 クリスチャン新聞掲載号 : 2012-03-11 】
震災境にすべてをリセット

(有)愛隣オフセット印刷社社長阿部 克衛 さん(下)  クリスチャンホームに憧れ教会へ  1937年、宮城県気仙沼市生まれ。活版印刷を営む父親の次男として育った...

【 クリスチャン新聞掲載号 : 2012-03-04 】
「これは事業を再開するしかないと…」

(有)愛隣オフセット印刷社社長阿部 克衛 さん(上)  「家族は無事か」「今、こちらで大きな地震がありました。大津波警報が出ています。祈ってください…」  3月...

【 クリスチャン新聞掲載号 : 2012-02-12 】
「教会さん、ありがとう」--仮設で歓迎 教会ボランティア--外国からにも驚き

 3月11日の大津波で教会堂と牧師館が流出した保守バプ・気仙沼第一聖書バプテスト教会(嶺岸浩牧師)。あれから11か月余り、同教会は現在、復興した愛隣オフセット印...

【 クリスチャン新聞掲載号 : 2012-02-12 】
米キ教NGO 津波被害の気仙沼市民に--メガネ無料支援

 米バージニア州に本部を置く国際NGO「オペレーション・ブレッシング・インターナショナル(OBI)」(ドナルド・トムソン日本支部代表)は、津波でメガネを失ったり...

【 クリスチャン新聞掲載号 : 2012-01-22 】
復興トラクト 被災地で印刷へ--震災で愛受け 文書伝道の使命新た

津波で壊滅気仙沼 愛隣印刷社が募金  東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県気仙沼市にある(有)愛隣オフセット印刷社が、文書伝道で被災地の復興をとビジョンを広げ...

【 クリスチャン新聞掲載号 : 2011-11-06 】
気仙沼の子 浅井力也さんと共同制作--〝希望のりんご〟笑顔で

 「脳性まひの天才画家?浅井力也と絵を描こう!」(NPO法人パラリンピックキャラバン主催)が10月11?25日、宮城県気仙沼市の市立鹿折小学校学童センターで開催...

【 電子版掲載日 : 2011-10-26 】
「希望のりんご」で笑顔戻った 脳性まひの天才画家・浅井力也さんが気仙沼の子どもたちと共同創作

【10月26日午後1時 中田 朗】 「脳性まひの天才画家~浅井力也と絵を描こう!」(NPO法人パラリンピックキャラバン主催)が10月11~25日、宮城県気仙沼...

【 クリスチャン新聞掲載号 : 2011-08-14 】
ヘドロ悪臭たちまち消えた--微生物活性液EM散布 被災地で威力--津波で被災の信徒20年の事業実る

 鼻をつまみたくなるような悪臭がたちまち消えていく。東日本大震災から4か月。日本全国からボランティアチームが被災地を訪れ救援活動を行っているが、まだまだ復興、復...

次のページ 最後のページ