【 クリスチャン新聞掲載号 : 2014-01-24 】
南三陸で星野富弘詩画展

 詩画作家・星野富弘さんの詩画展を復興支援のため被災地で開こうと、「星野富弘詩画展 in 南三陸」(南三陸で星野富弘詩画展を開く会主催)が1月23日、...

【 クリスチャン新聞掲載号 : 2013-01-06 】
慰め、癒し、恵みの御手を被災地にー南三陸町で祈りの行進「追悼記念会」

寒風が吹きすさび、時折みぞれが舞う中、東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた宮城県南三陸町志津川に、賛美と祈りの声が響いた。  同町など三陸沿岸の被災地で震...

【 クリスチャン新聞掲載号 : 2012-06-24 】
教会の無かった南三陸で礼拝始まる

 東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県本吉郡南三陸町に、初めての教会が6月8日誕生した。クリスチャンセンター南三陸「愛・信望館」(同町志津川廻館117ノ3)だ...

【 クリスチャン新聞掲載号 : 2012-05-27 】
南三陸町に教会できる--志津川でクリスチャンセンター 6月8日に開所式

 東日本大震災で全世帯の6割にあたる3千300戸余りが全半壊するなど壊滅的な被害を受けた宮城県本吉郡南三陸町に、地域の復興に仕えながら福音を伝えるクリスチャンセ...

【 クリスチャン新聞掲載号 : 2012-03-18 】
支援諸団体「南三陸町の文化と風土」学ぶ--生き方に影響与えられるか

強い「講」の結束 震災で解散も  東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた宮城県本吉郡南三陸町の支援に関わる教会や諸団体で形成する「南三陸町を支えるキリスト者ネ...

【 クリスチャン新聞掲載号 : 2012-03-11 】
南三陸町--内職で生活自立を応援-- 生きがい・地域再生 教会が手助け

腰を据えた復興支援  東日本大震災から3月11日で1年。押し寄せたボランティアは激減したが、被災地は町と生活の再建にまだまだ大きな課題を背負っている。被災者への...

【 クリスチャン新聞掲載号 : 2012-03-11 】
南三陸町にクリスチャンセンター設置へ--心のケアのため礼拝して

地元からも要望受け カウンセリング、イベント町民の寄り合いや奉仕拠点にも  大震災以来、被災した各地では教会が連携協力して忍耐強い支援活動が続けられた。そうした...

【 クリスチャン新聞掲載号 : 2012-03-11 】
〝地元に益〟仮設店舗建設に参画--行政の手届かない「みなし仮設」支援を宮城県が要請--救世軍、少なくも15年までは継続

 東日本大震災発生直後から帰宅難民への宿泊と食事の提供、被災地での緊急給食・物資支援、みなし仮設への物資支援、女川漁港に作業船を寄贈など、その時々の必要に合わせ...

【 クリスチャン新聞掲載号 : 2012-01-01 】
信頼関係による変革の道

 東日本大震災で津波による甚大な被害を受けた宮城県本吉郡南三陸町には教会がない。震災後、教会関係の多くのグループがこの町に支援活動に入った。そこでの経験は私にと...

【 クリスチャン新聞掲載号 : 2011-09-04 】
南三陸町を支援するキリスト者ネット発足--壊滅した町の復興に教会が協力

 東日本大震災から間もなく半年。夏が過ぎ秋を迎えて被災者らの必要は移り変わりつつあり、生活基盤も根本的に変わろうとしている。多くの避難所は8月末をめどに閉鎖され...

次のページ 最後のページ