【 クリスチャン新聞掲載号 : 2013-07-28 】
震災越え福島で若者立ち上がる

僕らは“祝福された世代”ーブレスド・ジェネレーション 写真=フィナーレで福島県中から集まった若者たちは 手をつなぎ互いに愛し合うことを確認し合っ...

【 クリスチャン新聞掲載号 : 2012-09-23 】
放射線避け外遊びうれしい--「子ども保養プロジェクト」長期化へ協力体制--福島県諸教会と支援機関が結集

 東日本大震災から1年半。福島では原発事故による放射線の被害が今なお続いている。そのような中で、大人よりも放射能の影響を受けやすく、外で遊ぶこともできずにストレ...

【 クリスチャン新聞掲載号 : 2012-03-11 】
腰を据えた復興支援--放射能不安訴える福島県民に「いのちの水」届け続ける

危機に直面して生き方シンプルに  福島第一原発事故の影響で、放射能に対する不安を口にする人々が急増している福島県。原発から50?60キロの福島市、郡山市も風の影...

【 クリスチャン新聞掲載号 : 2012-03-11 】
信頼され、頼りにされ--避難者の生活再建を応援--仮設・アパートを訪ね続ける 教会拠点のNPO

 東日本大震災による福島第一原発事故の影響で、福島県の中でも放射線量が高いと言われる郡山市。アッセンブリー・郡山グレースガーデンチャペル( 三さん箇が義よし生お...

【 クリスチャン新聞掲載号 : 2012-03-11 】
「私は郡山に留まります」-- 三箇豊実牧師 チェルノブイリの信者に励まされ

 「私たちは郡山に留まり続ける決意です」|郡山グレースガーデンチャペル牧師の三さ ん箇が豊とよ実み さんは、そう笑顔で語る。福島第一原発から約50キロのところに...

【 クリスチャン新聞掲載号 : 2011-08-14 】
福島未来会議--全県の復興 夢語る--各教会の牧師ら「神の国広げたい」

 福島県の原発問題は揺れ動く。先の見えない中、どんな未来を描けるだろうか。県内の諸教会が震災復興を話し合う「福島未来会議」(「声なき者の友」の輪〈FVI〉主催)...

【 クリスチャン新聞掲載号 : 2011-08-14 】
福島未来会議宣言   2011年7月28日

 2011年3月11日、千年に一度という未曽有の大震災・津波に加えて福島第一原子力発電所の事故という三重の災害を共通体験として与えられた私たちは、震災4カ月後の...

【 クリスチャン新聞掲載号 : 2011-06-19 】
福島県民に飲料水100万本--幼児に安心届ける「いのちの水」

 「放射能時代を生きる対策会議」が5月20日、福島県郡山市にある単立・キリスト愛の福音教会(坪井永光牧師)に併設するカフェ「レベル・ゼロ」で開催。福島県民のため...

【 電子版掲載日 : 2011-05-27 】
100万本の飲料水を県民に 「FUKUSHIMAいのちの水プロジェクト」始動

【5月27日午後8時30分 中田 朗】 「放射能時代を生きる対策会議」が5月20日、福島県郡山市にある単立・キリスト愛の福音教会(坪井永光牧師)に併設するカフ...

【 電子版掲載日 : 2011-05-12 】
キリスト愛の福音教会 原発50キロ圏内の教会に水と食糧支援

【5月12日午後3時 中田 朗】福島第一原子力発電所の事故により、放射能の恐怖に怯える福島県民。キリスト愛の福音教会(坪井永光牧師、福島県郡山市中町2ノ2)は...